トップ 脳神経外科ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

脳神経外科ナビ脳神経外科のあれこれ > 手術を受けることになったら

手術を受けることになったら

手術を受けることになったらの画像

脳神経外科の手術を受けることになったら、どのようなことに注意しなくてはならないでしょうか。まずは緊急手術の場合です。事故やけがなどで、自分で想定していないところで頭部に重篤な損傷を負ってしまうというケースがあります。このような場合には、他の手段を選んでいる猶予はなく、医師の判断によって緊急に手術を行うことになるでしょう。

この場合、自身の意志に関係なく手術が選択されてしまうこともあるので、事後の同意ということになることが多いようです。救急医療の中では、できるだけ後遺症や合併症を招かないように迅速に対応するということを第一の目的としていますので、この場合には医師の判断にゆだねるのが一番でしょう。救急医療との連携で、脳神経外科が頭部の損傷について担当するというケースも少なくありません。

術後の後遺症やリハビリ、合併症のことを考えても望ましい選択ではないでしょうか。また、外来からの紹介などで脳神経外科を訪れることになり、手術を受ける場合にはどのようにしたらいいのでしょうか。まずは、どのような手術になるのかを説明してもらいましょう。

自分の疾患がどのような状態であり、どのような治療が必要なのか、ということが一番知りたいところです。本当にその手術が必要なのか。どの程度の重要度なのか、ということも含めて医師にしっかりと説明してもらいましょう。場合によっては、本当に手術が必要であるのか、内科的な治療ではカバーできないのか、という疑問が出てくる場合もあると思いますが、それについても説明してもらい、場合によってはセカンドオピニオンをとるという必要もあるでしょう。

さらに、手術の内容については、その病院がその症例についていくつ経験があるかということも重要な問題になってきます。神経などの繊細な部分の手術については、経験と技術が伴っている病院で受けることが重要になってきます。こうした経験と技術について調べてみることも重要なのではないでしょうか。



スポンサー広告

ネットショップ広告


脳神経外科ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 診断

脳神経外科での治療を選択する上で、一番大切になってくるのはどのようなことでしょうか。それは、どのような疾患でどのような診断がされたか、ということになるのではないでしょうか。たとえば、脳神経系の疾患であれば、なぜ内科的な治療ではなく、外科的なアプローチをすることになるのか、という診断が自分で治療の方法を選んでいく大きな指針になります。 内科的な治療でも解決できる問題でありながら外科的な治療を行う場合には、劇的に改善するというケースが多く見られるのですが、新しい技術を取り入れて

脳神経外科ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。