トップ 脳神経外科ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

脳神経外科ナビ治療や手術 > 脳神経外科で行う手術

脳神経外科で行う手術

脳神経外科で行う手術の画像

脳神経外科では、外科的な治療ということで手術を行うケースが多く見られます。それでは、この科ではどのような手術が行われているのか、行われる可能性があるのか、ということを見ていくことにしましょう。手術では、時によっては頭蓋骨を開く必要があります。このような場合には開頭術を使って行います。また、全部を開く必要がなく、内視鏡のための穴をあけるような手術が必要になるケースもあります。

もちろん、大きく開くよりも小さな傷のほうがダメージは少なくなりますので、ケースによってどのような選択をするのかをきちんと調べてみる必要があります。また、血管系の手術では、血腫の除去というのが大きな手術になります。脳卒中や硬膜下血腫、くも膜下血腫、脳出血など、血腫を取り除かないと命にかかわるような状態になってしまう疾患があります。こうした疾患は急性で起こることもあり、一刻の猶予も許されないというところもあります。

この場合には、手術の方法や選択については医師に任せるということになると思いますが、できるだけ迅速に病巣をとりのぞき、その後後遺症や合併症が残らないようにすることが大切です。他の脳機能を傷つけないようにすること、さらに神経を傷つけないようにすることも大切です。また、動脈瘤などの血管の領域での手術が必要になる場合もあります。この場合には、コイルなどを使って塞栓させるという方法もありますし、クリッピングという技術を使う場合もあります。

さらに大きな手術としては、脳腫瘍などの除去という手術があります。これについては、様々な部位で発生する可能性があるため、どのような手術になるのかは一概にいうことはできません。大きさや重症度によって選択する手術の内容もかわってきます。脳神経外科の行う手術には主に今までご紹介したようなものがありますが、もちろんそれ以外の技術が必要とされる場合もあります。

手術を受ける際には、どのような技術でどのような手術を行う予定であるのか、医師ときちんと確認しておくとよいでしょう。



スポンサー広告

ネットショップ広告


脳神経外科ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 脳神経外科とつきあう

脳神経外科の概要やポイントについて必要なことをお話してきました。頭部に異常を感じて病院に行こう、と思った場合、日常の生活になんらかの支障が出て病院に行こうと決めることが多いのではないでしょうか。頭痛がある、めまいがする、手がしびれる、ものが二重に見える、など、頭部になにか不都合があるのでは、という自覚症状はいくつもあります。 こうした自覚症状を感じたら、迷わず病院を受診してみましょう。原因がわからないうちは、脳神経外科を直接訪れるというのは難しいかもしれません。そのような場

脳神経外科ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。