トップ 脳神経外科ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

脳神経外科ナビ脳神経外科の疾患 > 腫瘍

腫瘍

腫瘍の画像

脳神経外科を受診する疾患について考えていますが、次は腫瘍について考えてみることにしましょう。腫瘍には良性のものと悪性のものがあり、どちらか判断できない場合もあります。良性の腫瘍では、たとえば頭蓋底腫瘍などがあります。これは頭蓋骨の底の部分にできる腫瘍の総称ですが、こうした腫瘍が実は多く見られています。

ケースとしては良性なので取り除けばいいということになりますが、重要な血管や神経組織などがすぐ近くに張り巡らされている場合もあるので、切除するにはそれなりの技術が必要となり、危険性も高くなります。最初に感じる兆候としては、頭痛や吐き気がしたり、視力が落ちる、ものが二重に見える、顔面に麻痺が出る、聴力が低下するなどがあります。

なんとなく不調を感じて受診してみると、検査の結果で腫瘍が発見されるというケースもあるのです。バランスを取りにくくなるという症状もあり、歩くのが難しかったりする人もいます。悪性の場合、急速にこうした自覚症状が進行していく場合があるのですが、良性だと進行は穏やかで、長年こうした腫瘍に気づかないというケースもあるようです。

以前ではこうしたケースが初期ではなかなか見つからない場合も多かったのですが、最近はMRIなどの技術も進んでいるので、かなり初期の段階で発見することができます。また、良性ではなく、悪性の腫瘍の場合もあります。悪性の場合は進行が速いという特徴があります。また、脳の機能に障害をもたらすことになるケースも多いので、自覚症状が強く進んでいくというケースも多いようです。

その後の回復のことを考えても、大切なのはやはり早期発見です。おかしいな、という自覚症状があれば、できるだけ早く検査をしてみることをお勧めします。治療には内科的なアプローチもありますが、もちろん外科的処置として切除をすることが重要になってきます。ただし、頭部には神経が集まっていますので、腫瘍の部位によっては摘出するためにこうした神経を傷つけることになり、麻痺や意識の障害などの合併症が出てしまう危険もあります。こうした危険を理解して手術を受けなくてはなりません。



スポンサー広告

ネットショップ広告


脳神経外科ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 他の科との連携

脳神経外科の治療では、他の科との連携が重要になってきます。救急医療との兼ね合いで、初診でこの科を受診するというケースは他よりも少ないのですが、それだけに、他の科から紹介されてくるケースが多いということが言えるでしょう。 たとえば、治療がどちらでもできるという意味では、整形外科との連携も大切になります。ヘルニアなどの場合、腰椎は整形外科で治療をすることが多いのですが、頸椎のヘルニアになると、脳神経外科の領域となることも多いようです。というのは、頸椎には神経が集中しており、これ

脳神経外科ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。