トップ 脳神経外科ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

脳神経外科ナビ脳神経外科とは > 脳神経外科の現状

脳神経外科の現状

脳神経外科の現状の画像

脳神経外科は、技術的な革新の中で近年急速に成長した部分も抱えていると言えます。それでは、現状としてはどのような問題点があるのでしょうか。たとえば、椎間板ヘルニアになったとき、脳神経外科にかかるべきなのか、整形外科にかかるべきなのか、という問題があると思います。これについては、個々の医師の技術レベルなども問題になってきますので、一概にどちらがいいということはできません。

椎間板といっても、腰椎の場合もあり、頸椎の場合もあります。その中で、どちらかというと頸椎の場合は、脳神経外科を選択すべきなのでは、という考え方がなされているところもあります。というのは、腰椎の場合は切開手術、または内視鏡による手術が行われているのですが、頸椎の場合、神経が細かく集中している、ということもあり、目立ちやすい部位である、ということもあり、内視鏡よりもさらに細かい顕微鏡を使った手術を選択できるほうがベストではないか、という判断もあります。

ただ、やはりこれも技術的なことだけで決められるのではなく、使うほうの技術、つまりどれだけの症例を持っているかによって判断すべき点でもあります。こうしたはっきりとした境界を定めるのが難しい疾患の場合、どのような判断をすべきかということは迷ってしまいがちですが、自分の置かれている状況をよく判断して、脳神経外科を選ぶのか、他の科を選ぶのかを判断するようにしましょう。

また、現状では脳神経外科の専門医は6000人を超えているともいわれており、医師が多すぎると指摘される点がありますが、逆に言えば、神経疾患の患者は日本では増加する傾向にあり、内科的な治療においてもこうした外科的なアプローチが必要になることもあるとされているので、内科との連携で外科的な処置を行うということも出てくるのではないでしょうか。

顕微鏡治療という技術のメリットを生かして、神経的な治療へのアプローチができるという強みもありますので、今後さらに新しい治療の可能性も開けていくのではないでしょうか。



スポンサー広告

ネットショップ広告


脳神経外科ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 脳神経外科の現状

脳神経外科は、技術的な革新の中で近年急速に成長した部分も抱えていると言えます。それでは、現状としてはどのような問題点があるのでしょうか。たとえば、椎間板ヘルニアになったとき、脳神経外科にかかるべきなのか、整形外科にかかるべきなのか、という問題があると思います。これについては、個々の医師の技術レベルなども問題になってきますので、一概にどちらがいいということはできません。 椎間板といっても、腰椎の場合もあり、頸椎の場合もあります。その中で、どちらかというと頸椎の場合は、脳神経外

脳神経外科ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。